紙とインクと素敵なデザインと
株式会社一心社印刷所
営業時間:9:00〜12:00/13:00〜18:00  休日:土日祝・正月休み・夏休み
電話:03(3945)8590  FAX:03(3945)8570  メール:isshinsha.net@gmail.com

ブログ


  1. top ページ>
  2. ブログ>
  3. 5人最強説

5人最強説

ベッキーが唱えていたという、五人最強説をT君から聞きました。
ものすごい理論です。
何かというと、飲み会の人数の話です。
根底に流れるソウル(魂)は飲み会の全てを楽しむということ。
理論の軸は、会話の展開による人数のバランスと、会話の本数です。
まずは一人、
飲み会ではありません。
二人、
サシのみ、またはデートか何かでしょうか。
常に二人で話をします。途中で途切れた場合もどうにかするしかありません。
だれの助けもありません。
会話の流れは一本。
三人、
2人1人に分かれることはありませんので、会話は一本。
二人の場合とほぼ一緒です。
四人、
この人数より2人2人に分かれることが可能、会話を二本流すことができます。
ベターですが、ベストではありません。
偶数だと何かを決めるときに多数決が収まらない可能性があります。
そして五人、
2人3人に分かれることで二本の流れを作ることが可能。
そして2人3人の組み合わせが流動的に変化することで会話の鮮度も常にいい状態を保てます。
また、2人3人が合体し5人になった時の破壊力は凄まじいものがあります。
何かを決めるときに多数決が収まります。
六人、
この人数より流れが三本になる可能性が出てきます。(2人2人2人)
二本の流れは隣を聞きながら話すことが出来ますが、
三本の場合、端々の会話は把握不可能です。
七人以上も同じく。
つまり飲み会の流れは二本までに抑えないといけないということです。

二本の流れと、流動的な組み合わせ。
そしてそれが交わった時の爆発力。
これが飲み会を全て楽しむ5人最強説となります。
2012/6/6 mizo